料理     



うどの白味噌和え
--------------------------------------------------------------------------------














みそポテトサンド
--------------------------------------------------------------------------------
材料 4人分
イワシ小8匹
ジャガ芋2個
大葉2〜3枚
小麦粉適量
サラダ油大さじ1
合わせ調味料
しょうゆ大さじ3
みりん大さじ3
大さじ3
砂糖大さじ2/3
やまこ粒味噌大さじ1
卵黄1個
サンショウ粉適量
付け合わせ(芽キャベツ、小玉ネギ、
      カブ、ニンジン、赤ピーマン
      など各適量、塩少々)

 
手順

  1. ジャガ芋は皮をむいてから柔らかくゆで、熱いうちにたたいておくか裏ごしし、マッシュポテトを作る。
  2. 大葉は千切りにし、水洗いをして絞る。
  3. みそと卵黄をよく混ぜ、マッシュポテトに味をつけ、大葉も混ぜる。
  4. イワシは腹開きにして骨を抜き、水けを切って小麦粉をまぶす。
  5. サラダ油を熱し、イワシの両面をこんがり焼き、油をきる。
  6. 合わせ調味料Aを煮立てて少し煮詰め、イワシにからめて取り出す。
  7. ポテトを楕円にまとめてイワシを上にのせ、サンショウ粉をふりかける。
  8. 付け合わせの野菜は適当に切って塩ゆでし、つけ合わせる。





山海土手鍋
美味しいカキを使った土手鍋は体のシンから温まります
--------------------------------------------------------------------------------
材料 4人分
(練り味噌の作成)
 酒   大さじ1・1/2
 みりん 大さじ1・1/2
 だし  大さじ1・1/2
 やまこ粒味噌(甘口)150g
 やまこ漉味噌(中甘口)100g
(具)
カキ    350g
鶏モモ肉  1枚
シメジ   1パック
エノキダケ 1パック
焼き豆腐  1丁
セリ    1束
だし汁   適宜(約1カップ)
(調理)
1)酒から漉味噌までの材料を練り混ぜ、土なべのふちにヘラで塗りつける。

2)カキは塩水で振り洗いし、鶏肉はそぎ切り。
  キノコ類は石づきを取って小房にわける。
  豆腐はやっこ、セリはザク切りにする。

3)鍋に材料を盛り込み、弱火にかける。
  みそがこうばしく香ってきたら、だし汁を適宜加えて中火にする。

4)なべのまわりのみそを溶かし込みながらいただく。
  味はだし汁で調節する。

















◎体に良いみそ汁のつくりかた
--------------------------------------------------------------------------------
塩分を減らすダシの取り方

もう少しみそ汁の塩分を少なくしたい方には、ダシをしっかり取るということが 必要になります。
ダシの成分であるうま味は塩分の取りすぎを防いでくれるという 実験結果も出ています。
自分で試してみて、おいしいダシがきいたみそ汁ができれば、 さらに塩分を抑えることができるでしょう。

塩分を減らす具の選び方

具にも体内の余計な塩分を排出する働きをもったものがあります。
わかめ、ひじきなどの食物繊維が豊富なもの、カリウムを多く含むいも類、
さらに不足 がちなカルシウムを多く含んだ緑黄色野菜、そして、タンパク質を多く含んだ卵なども 良い具といえます。
特にタンパク質は、摂取量が多いと塩分に対する舌の感覚が 鋭くなり、少ないと鈍くなるので、
これだけでも塩分を抑えることが可能です。


簡単みそ料理
サバのみそ煮(4人分)
@サバの切り身4切れの皮目に包丁目2〜3本を入れ、タマネギ1/2個はくし形切り。
生シイタケ4個は石づきを取り、ショウガ2かけは千切り。シシトウ20本は柄を取り切込みを
1本入れる。
A鍋にたし2カップを入れて火にかけ、煮立ったら、みそ大さじ2、みりん・酒
各大さじ4を入れ、タマネギ、生シイタケ、ショウガを入れ、この上にサバをのせ
煮汁をかけながら煮る。サバの表面が白く変わったら落しぶたをして約10分間煮る。
Bさらにみそ大さじ2をAにのばして加え、火を強めて煮汁をかけながらツヤよく煮る。
煮汁がトロリとしてきたら最後シシトウを加えてひと煮する。




焼きおにぎり(4人分)
@炊き立てご飯2合を12個の平たく丸いおにぎりにし、しっかりめににぎる。
手にゴマ油少々をつけておにぎりのまわりにからめる。
Aグリルまたは焼き網でおにぎりをこんがり焼き、その上に、みそ大さじ3、みりん大さじ2
粉かつお節大さじ2を混ぜたものを塗ってサッとあぶる。好みで甘酢ショウガを添える。






さつま汁(4人分)
@鶏肉もも骨付きぶつ切り500gはハサミで食べやすく切る。里芋400gは皮をむき4等分。
ごぼう1/2本は乱切りにし水にさらしてアク抜き。大根1/4本、にんじん1/3本は皮をむき
2cm厚さの半月切りかいちょう切り。ネギ1本は1cmのブツ切り。
A鍋に水5カップと昆布5cm1枚を入れて火にかけ、鶏肉を入れ煮立ったらアクを取り、
ゴボウ、大根、ニンジン、里芋を入れ、みそ大さじ2を溶き入れて煮る。
Bしばらく煮て材料が柔らかくなったら、さらにみそ大さじ2を溶き入れ、みりん大さじ1も
加える。最後にネギを散らしてサッと煮て器に盛る。




みそ汁をおいしく作るコツ
  ちょっとした4つのコツを守ればおいしいみそ汁が出来上がります。
<コツ1>  よいみそを選ぶ
   色の冴え、ツヤ、香り、風味がよく、甘みと塩味のバランスがよいものを選ぶ。
   2種類のみそを合わせるのもよし。
<コツ2 > 面倒がらずに『だし』をとる
   みそ汁をおいしくするにはやっぱり「だし」は欠かせません。
   (4人分/分量:水4カップ)
  ・削り節+昆布だし 昆布10gを水に30分ほど浸して火にかける。
    沸騰直前で昆布を引き上げ、沸騰後、削り節20gを一度に入れたら火を止め、
    しばらく置いて、削り節が沈んだら漉す。
  ・煮干しのだし 煮干し20gの頭とワタを取り、二つに割いて軽く水洗い。
    水に入れて数時間浸けた後、火にかけ沸騰。10分ほど煮てから漉す。
 <コツ3>  みそ汁の具は旬の素材を使う
    2種類以上を基本に新鮮な旬の素材を組み合わせる。
    具だくさんのみそ汁はそれでひとつのおかず替わりになります。
 <コツ4>  みそを入れるタイミング
    ポイントはみそを入れるタイミングです。
    食べる直前にだし汁に溶き入れて軽くひと煮立ちさせます。
    「みそは煮えばな」が一番の食べごろです。